社畜になるのはもううんざり

社畜としての生活におさらば。株式投資でセミリタイアを目指します。

スポンサーリンク

今更ながら断捨離の本を読んだ

最近なにかこう、もうひと伸びできそうなのにできないモヤモヤがある。

なんだか中途半端なラインでウジウジしているような。

仕事も、プライベートも、投資も、ダイエットも。

全部悪くないのだが、行き切ってないというか。

もっと着実な手ごたえというか、成功の感触が薄いのである。

 

でも、現状決して悪いわけではないので、何をどう改善すればいいのかわからない。

もっとすべてがうまくいけばいいのに、60%ぐらいの力しか出せていない感じがすごくする。

そこで、このモヤモヤに対処すべく、ランニングと断捨離に着手することにした。

ランニングはとにかくデブってきたから。先日読んだ本にデブに将来はない的なことが書いてあった。激しく同意するしたのでとにかく痩せてみることにする。

断捨離は気分がすぐれない時にすると結構スッキリする。

 

なんでランニングと断捨離が関係あるんだ!ってことなんだが、

ぶっちゃけなんでもいいのである。こんなことやって、毎日に変化をつけることで、何かが変わるかもしれないと思うのである。まず間違いなくムキムキになったら世界は変わるだろうし、いっきにミニマニストになればやっぱり物の見え方が変わってくるだろう。とにかく、毎日に変化がほしいのだ。

 

ちなみに、ダイエットはいままで100回ぐらい挫折してる。しかし、何度もトライするのだ。ゾーマ竜王も何回もコンティニュー続ければ倒せたりするものなのだ。

 

断捨離の方は現状結構できていると思っている。

年収の低い自分は基本的にはミニマムな生活をせざるおえないと思っているし、ミニマムな生活を続けていると、自然と物欲もなくなってくる。

本当は物に囲まれた生活がしたいが、物に囲まれた生活は徹底的にコレクションをし、それを綺麗に陳列するセンスがないと、ただの散らかった部屋になる。

中途半端にしかコレクションできないならミニマムな部屋の方がかっこいいのである。

 

そんなこんなで、あまり物を持たない生活をしている。そのため物自体も少ない。

自分のデスクは会社の中でも1番綺麗な自信がある。

しかしだ、この断捨離に関しても、もうひと伸びできそうな感じがするのだ。

今はただ何もない机って感じで機能的ではない。

プライベートにしても正直、家のどこに何があるかいまいちわかってない。

本物のミニマニストの思考にもう少しで手が届きそうな気がするのである。

 

そこで、あらためて断捨離の本を読んでみた。

断捨離すると思考も整理されるよ!みたいないままで通りの本だったが、

漫画になっていてとても分かりやすかった。

 

この本を読んで思ったのだが、やっぱり自分は個人のエリアに関しては

かなり断捨離&整理整頓ができている。

しかし、共有の空間がさっぱりなのである。家を片づけたいが妻のものは触れない。

実家を片づけたいが両親のものは触れない。

やっぱり、自分のものがなくなってくると、今度は周りを断捨離したくなってくるものである。自分に関係する空間の断捨離の仕方をまとめた本があればうれしいと思う。