社畜になるのはもううんざり

社畜としての生活におさらば。株式投資でセミリタイアを目指します。

スポンサーリンク

サラリーマンの信用は結局いい仕事をするしかない

信用経済、信用経済っていうけれど信用ってどうやって得ればいいのって話。

 

ウチの後輩に仕事を他の人に押しつけて、自分は楽な作業ばかりやろうとするのに、意識だけは高いという、ちょっと痛い奴がいる。

自分としては、半分あきらめながらも、そいつのことは暖かく見守っている。

「これだから若いやつは」なんていうオジサンになりたくないので、その子の考えも理解するように努めているのだが、彼は日に日に同僚からの信頼を失っている。

挙げ句の果てに、業務態度が悪いので、どんどん仕事を任せられなくなってきた。

本人的には仕事量が増えないので他の人より楽なわけだ。

しかし、これがすすむとどうなるか。行き着く先は解雇なわけだが、ウチの会社的にそれはないと思う。

となると、結局永遠と雑務をこなすだけの人間になってしまうのだ。

 

のほほんと生きたい人ならそれでいいのだ。

他に大好きな趣味があって、仕事は生活するためだけにやってます。

みたいな人なら、今の彼の状況は万々歳だろう。

しかし、タチが悪いことに彼は意識高い系男子なのだ。

俺はビッグになりたい!夢は○○でこの会社には長くいません!的男子なのだ。

自分としては、若者がこんな会社で時間をつぶすのはもったいないと思っているので、彼に限らずやる気のある子に対して退社を後押ししてきた。

彼にも早くやめた方がいいっと言っていたのだが、「やっぱり、何か形を残してからじゃないとやめたくない」「納得いく仕事をしてからやめます」みたいな意識高いことをいう。志はいいのだが、それなら本気で仕事と向き合わないと結果は出ない。

意識と言動がチグハグなため、はたから見ても空回り方が尋常じゃないのである。

 

そこで、今のご時世信用を積み重ねなさい。という話なのだが、

もし、大好きな趣味があればそちらの方面に力をいれ、趣味つながりのコミュニティーで信用が積み重ねれるだろう。その信用から仕事の話もくるかもしれない。

僕が思う最高の生き方だ。好きなことをやって生きて行くってやつ。

 

しかし、多くのサラリーマンは趣味とかたいしてない人が多いのだ。

趣味はあっても、毎日熱中できるほどの趣味を持ってる人なんて周りにいない。

要するに趣味で信用を築こうと思うと、仕事より趣味を優先できるほどの熱量が必要なのだ。多くの人が仕事を優先するだろう。そういう人は趣味コミュニティーでもタダの一員にしか過ぎない人種になる。

 

結局時間がない現代人が信用を得る手っ取り早い方法は仕事なのである。

1日の最も長い時間行っている仕事で信用を得るしかないのである。

はっきり言って仕事が終わると他のことに力を注ぐ時間と体力と気力が残ってない。

なぜかは分からないが仕事ってだけで使命感を感じまじめにやる性分が日本人にはある。仕事と言われれば少しだけなら限界を超えれたりもする。

頑張って仕事をして、仕事を通していろんなことに挑戦するのが一石二鳥なのだと最近感じるのである。

 

これは業種にもよると思うのだけども、信用を積み重ねると、多少のわがままは通るようになる。社内では好きなように動けるようになるのである。

自分の会社でいうと、ある程度社内で信用を稼ぐと、個人で勝手にプロジェクトを作り進めることができるようになる。それがうまくいけばさらに次のプロジェクトを作れる。

そうやって、関わる人を増やし社内から社外へ、さらにエリア外へと信用の輪を広げていく。これがどんどん上手く回っていくと、むこうから「こんな仕事を個人的に・・・」みたいな話がくる。と睨んでいる。まだ全然その域ではないが。。。。

自分は好きに動けるポジションを確立しつつある。このあとは社外の信用を集めていく手順であるのだ。

早く会社をやめるためにも、周りの信用は稼いでいて損はない。

 

要するに意識高い彼のように周りの信用を得るのが無駄だと感じるならば、

すぐさまそのコミュニティーからは脱出した方がいい。

少なくとも、今のコミュニティーで稼ぐ信用の延長線上にでも可能性を感じない限りそこで信用を築いても意味がないのではないかということなのだ。

大事なのは信用を稼ぐに値するコミュニティーにどうにかして潜り込むこと。

そのためには全然違う場所で信用を積む必要があるかもしれない。

それをへての移動や転職みたいなこともあるだろう。

だから結局現状でも信用を積み重ねないと次につながらないと言うこと。

もしくは、きっぱり今を捨てて新しいコミュニティーでゼロから信用を築くか。

しかし、世界がSNSでつながっている以上、できればゼロからではないほうがいい。

ネット社会では前の職場の信用がSNSを通して、生きてくる。

 

彼のように、意識と行動が空回りして信用を失うことは本当に損なのである。

仕事に意味を感じれないとしても、もっと上手く渡り歩けばいいのに。

最悪信用を得なくてもいいけど、損なってはいけない。

きっと1年後も同じことをやってそうな彼が最近可哀想でならない件でした。