社畜になるのはもううんざり

社畜としての生活におさらば。株式投資でセミリタイアを目指します。

スポンサーリンク

リタイアしたいリタイアしたいと言いながら、意外と現状に満足している件

急ですが、先日祖母がなくなった。

子どもと孫に看取られてなくなった祖母は幸せな人だと思った。

 

葬儀では子ども達と孫達が集まっていたわけだけど

その光景になんだか自分はすごく満足してしまった。

何に満足かというと今の自分にである。

 

仕事や金銭的に不満をよく言ってしまうが、

ふと自分を振り返ると、親も健在で、定職もあり、妻もいて、

地元で暮らしているので友達も近くに沢山いる。

おそらく自分が死ぬときは妻が看取ってくれるはずである。(自分の方が早く死ねば)

さらに、まだ子どもはいないが、

子どもができたらきっとその子も看取ってくれるはずである。

そんなことを考えてたら、現状の人生でかなり合格点をあげてもいいのではないか?

と、感じてしまった。

たしかに、同級生を比べたら確かに給料少ないし、

ブラック会社で休みも少なく働いているので社会的地位も低い。

しかし、そんなに焦らなくてもいいじゃん!

割とマシじゃね!みたいな気持ちが生まれた。

 

その反面、おまえはまだまだだ!もっとできる子だっただろ。

こんな田舎でくすぶってんじゃない!!みたいな自分の声が聞こえたりする。

 

確かに、野心みたいな感覚が年々減ってきている。

もっと豊に暮らすために頑張るんだ!という気持ちは確かに大事だと思う。

しかし、現状の自分を認めてあげることも大事だと葬儀を終えて思った。

一歩引いて見てみると、割と楽しいじゃんってことである。

現状を認めるとなんだか最近夫婦仲がうまくいっている。

ちょっと前の自分はもっと質の高い世界にいくんだ!!って気持ちで

勉強勉強ってことで妻との時間をあまりとっていなかった。

これではいろんなことに支障が出てしまう。

 

もちろん億万長者になるために頑張るんだが、

まずは今の生活を少し楽になるぐらいの不労収入を目指して頑張ろう。

最低でも今のレベルを落とさないように。。

億万長者を目指しつつも現状も楽しみながら生きて行きたいと思う。

 

祖母が亡くなって悲しいはずなんだけど、

なんだかほっこりしてしまったのだった。