社畜になるのはもううんざり

社畜としての生活におさらば。株式投資でセミリタイアを目指します。

スポンサーリンク

5年後に資産一億円になるはずの俺のゼロから株式勉強法

 

最近暇を見つけては株式の本やユーチューブをむさぼり見ていました。

むさぼり見ているのに、結果に結びついていないのが残念ですが、

数をこなしていくうちに、いろんな億万長者達が同じようなことをいっていたので、

何となく自分の方向性が見えてきました。

そこで、今回は自分の株式に対するルールを厳密化するためにも、

方向性を書いていこうと思います。

 

長期投資は金持ちの投資。自己資本が少ない人は短期投資をすべし。

長期投資とは1つの銘柄を長期で保有し、2倍、3倍株を狙うというイメージ。

テンバガ―(10倍株)とかよく聞きますが、テンバガ―の多くは仕手化された株で、

短期で急沸しますが、すぐ暴落してしまいます。

なので、長期投資では優良株や可能性のある新興株を

3年や5年ほどのスパンで保有し、2倍、3倍を目指します。

2倍、3倍になるのもかなりすごいことなのです。

ですので、100万円の元でなら5年で300万にするというようなイメージ。

しかし、これだと効率がすごい悪い。

僕の元本は100万ですので、5年で300万にしかならないと

全く目標達成できないのです。

これはお金持ちの投資法で、元本が1000万ある人が、

5年後3000万にするには、結構いい投資だと思っています。

投資は放っておくだけでいいみたいに思う人が多いですが、

それは元本が多い人だけです。元本が多ければ、銀行に預けるより、

優良物件に投資していた方がリターンが多い可能性は高いです。

 

短期投資とは短いスパン(1日~1ヶ月ほど)で取引を繰り返し、利益を積み上げていくイメージ。

利益を得る回数が多い分、リスクももちろんありますが、

1億を目指す以上、リスクを負わないわけにはいきません。

元本100万なら1ヶ月でプラス10万とかを目指していきます。

 

なので、1億円を目指す自分としては中長期投資ではなく、

短期投資で勝負するということになります。

 

短期投資で必要なのはチャート学

 

短期投資はとにかく、とにかくチャート。チャート。

これが分かってから、できるだけチャートの本を読むようにしています。

本の中には決算書の読み方や、割安株の見つけ方みたいな内容の本がすごく多いです。

それに比べ、チャートの本は危険度が高いと思われるのか、

あまり人気がないような気がします。

しかし、僕のような元本の少ない人間はチャートこそ勉強しないといけません。

今ここを頑張っている状態。

長期保有するわけではないので、会社の財政状況などさほど重要ではありません。

数日しか保有しませんから、たちまち明日上がるか下がるかだけ分かればいいのです。

まぁこれが難しいんですけどね。

 

長期保有する人は決算書を読み解くとかいうが、それすごくね。

長期保有の神ウォーレンバフェットは決算書を穴が開くほど見るといいます。

しかし、決算書を読み解けるってことはも会計士ぐらいの知識があるってことです。

会計士になれる知識があるなら、とりあえず今の仕事やめて会計士になる方が先決です。本業のクオリティーが上がるわけですから、下手すると投資なんてしなくても、

豊に暮らしていきます。

僕も最初は長期投資をしようと思い、決算書を読み解こうとしたり、

割安株を見つけようとしたり、頑張っていましたが、

いやいやいや、ムリムリ。難しすぎるよ~。ってなり完全に敗北しました。

 

短期投資でまずやったこと。オーソドックスなチャートの形を覚える。

チャートには代表的な形があります。

たとえば、5日平均移動線が、25日平均移動線を超えるとゴールデンクロス

株価が上昇しやすくなる。

みたいなことが沢山あります。

この代表的な形を覚えることが第一関門。

麻雀でいうところの役を覚えるみたいな感覚です。

将棋でいうコマの動き方や代表的な戦略を覚えるみたいな。

今まで、なんとなく取引をしていましたが、

最近はこの覚えた形にあてはまる銘柄を選ぶようになりました。

ところが全然勝ててませんけどね。。。。。

まぁ、チャートの形を記憶しただけで勝てればみんな大金持ちですよね。

ここら辺からは応用が重要なのだと感じています。

 

おれはこれでチャートの形を覚えてる

僕の株式投資は元資本が100万円しかありませんので、

この中から30万使って、株式講座に通う勇気はありません。

なので、ネットサーフィンや書籍などを使って、まずは基本の形を思えています。

 

自分が使っているサイトはチャートナビです

chartnavi.com

無料登録するとチャートの形をまとめてくれた「講座一覧」を見ることができます。

 

そして参考にした本は

「株で1億円!このエントリーチャンスを狙い打て!!/尾崎武史」です。 

かなり、わかりやすかったです。

この本でも、とにかくチャートを学べ!!みたいなスタンスだったので、

会計の見方など余計な項目がなく、自分の知りたい知識を得れた気がします。

 

本も毎回買っていたら、バカにならないので図書館で借りたい、

アマゾンプライムで無料で読めるものを読んでいるのですが、

これではどうしても本が偏ってしまうので、見直さないといけません。

さらに、うちの近くの図書館ではどうにもチャートの本が少なすぎます。

長期投資や株の基礎的な本は多いのですが、

チャート本が少ないのが悲しいところ。。

 

次回はこちらの本や、サイト等で得たチャートの基本の形を

アウトプットしていきたいと思います。