社畜になるのはもううんざり

社畜としての生活におさらば。株式投資でセミリタイアを目指します。

スポンサーリンク

サラリーマンがまず節約で取りかかるのはランチの縮小

収入が少ない分節約は重要だ。

ここ3ヶ月ほど資産が横ばいのまま、増えていない。

むしろ個別株の含み損は過去最大にふくれあがっている。

こうなったら、支出を全力で減らすしかないのだ。

 

結婚して支出は2倍になったにもかかわらず、収入は2倍になっていない。

妻のパートの微々たる収入では赤字なのだ。

とにかく、支出を減らし、資産を増やす。

これを繰り返さなければいけない。

 

まず僕が取りかかったのはランチの縮小。

お父さんの節約術NO1のやつだ。

 

まず、いままではコンビニ弁当や外食で600~1000円ほどかかっていた。

実家が近いのでたまにお昼を食べに帰ることもあったが、

結婚して家を出ると、実家の食料備蓄が異常に少なくなり、

実家に帰っても食べ物が余ってないのである。

しかたなく、コンビニ弁当を食べるのであるが、ここにメスをいれる。

 

普通に考えると弁当になるのだが、

ウチ妻は朝起きない人なので弁当を作ってくれとは頼めない。

頼んだところでやらない。

では自分で作るかというと作らないし、作れない。

不器用な自分が弁当を作ると逆に高くつくかもしれない。

 

そこで出した答えが、ちょっと大きめのおにぎりを1つ持参することだった。

これなら自分でもできる。夜おにぎり作って朝持って行くだけ。

お米は妻の実家が作って、頂いているもの。

だから実質原価はタダなのだ。

確かにお腹は減るのだが、今年は5㎏やせるという目標もあるので、

ちょどいいと思っている。

さらに、これで毎日600円ほど浮いていくのだ。

 

おにぎり節約生活始まりました。

こうご期待。