社畜になるのはもううんざり

社畜としての生活におさらば。株式投資でセミリタイアを目指します。

スポンサーリンク

読書をするということ。

ネットが蔓延している情報過多の世の中ですが、

最近知識を得るのに最適なのは回り回って読書じゃないかと思うようになってきた。

 

しかし、読書は時間がかかる。

昨日も本を読んでいたんだけど4時間ぐらい読んでもまだ、読み終わらない。

映画ぐらいの感覚で2時間程度で終わらなければ効率が悪く、

集中力も持たない気がしてしょうがない。

 

今振り返ると、同級生にも本を読むスピードが速い人はさほどいなかった。

ほぼ全員遅かった。みんな漫画でさえじっくりと読み込んでいた。

 

20代の頃速読たるものをマスターしたくなって、なけなしの10万払って

セミナニーに参加したけど効果はゼロだった。

10万払うんだから、速読マスターできると思ったら、

簡単なやり方説明があってあとは練習あるのみ。みたいな感じだった。

それで10万は高すぎるだろって記憶だけが残って、

なにも会得しないまま帰ってきた。

要するにお金を払ってもほとんどの人は身につけれないのである。

ダイエットと同じだ。ライザップみたいに最後まで面倒みてほしいもんである。

 

友達に多読の人がいる。今までの総読書数は相当な物だと思う。

そんな彼が言っていた、

「読書すると頭が良くなると信じて死ぬほど読んできたが、20年たって

そんなに効果ないことが分かった。」

と、言っていた。

 

僕は本ではなくずっと映画を見続けてきた。

そんな僕も映画を見るとクリエイティブになれると信じて見てきたが、

そんなに効果がないことが分かった。

だいたい内容なんて1週間もすれば忘れてしまう。

 

話を戻して、読むスピードであるが、

何がいいたいかというと、結局頭の中に残るのは本の少しだということ。

そのために数時間もかけるなんてもったいない。

じっくり読まなくていいのだと思う。だだだった読む。目で追う。

ぐらいでいいのだ。

それでなんとなく理解して、アウトプットしてれば

1週間後の理解力はきっと同じぐらいだと思う

 

現に最近は携帯をいじりながら映画をみるが、(なんとなく話を追うだけで)

だいたいのあらすじは理解できている。

 

そのぐらいでもいいので、とにかく欲しい情報を

インプットし続けて投資にいかしたい。

 

そこで友達の多読結局無意味論だが、これが論破できない。

これが本当なら僕は今後投資の本をいっぱい読んでも

何も身につかず、負け続けることになる。

 

んー。まいった。

他の手段も探しながら、本を読もう。