社畜になるのはもううんざり

社畜としての生活におさらば。株式投資でセミリタイアを目指します。

スポンサーリンク

「ウォーレン・バフェット成功の名語録」を読んで

 株取引を上達させたいけれども、何したらいいのかさっぱり分からないので、

とりあえず、株の本を読みあさって見ることにしました。

 

まず読んでみたのがこちら「ウォーレン・バフェット成功の名語録」

 

              

 

僕は株を始めるまで、バフェットっていう人の存在すらも知りませんでした。

経済に対して異常に無知だった過去の自分が恥ずかしいです。

この本はタイトルの通り、経済界の偉人ウォーレン・バフェットの名言を集めた、

語録集みたいな感じでした。

 

ウォーレン・バフェットはアメリカの超大金持ち

まずは僕が知らなかったアメリカの超偉人ウォーレン・バフェットとは

2007年にアメリカの長者番付1位になった大投資家。

現在資産は約840億ドルとのこと。

日本円でだいたい9兆円くらいか。。。9兆って。。。。

それだけお金があったら、何ができるかも想像がつかない。

独立国家持てるんじゃね?

まぁ、とにかく超ど級のお金持ちなのである。

 

さらにバフェットのスゴいところは、

その資産のほとんどを慈善事業に寄付するところ。

アメリカにはお金持ちは寄付して当然みたいな文化がありますが、

資産のほとんどを寄付するってスゴい。子供にすら少しの財産しか残さないとのこと。

ちなみに、慈善事業の寄付先の1つにビル・ゲイツのビル&メリンダ財団があります。

ビル・ゲイツマイクロソフトビル・ゲイツ

ビル・ゲイツも慈善事業にご熱心。

やっぱり、お金を稼ぎすぎると他人の為に使いたくなるようですね!

いつかそうなりたい。

 

ウォーレン・バフェットの投資法

 

ウォーレン・バフェットといえば長期保有

長期的に業績がいい企業。10年、20年後にも需要がある企業。

そんな魅力的な企業に投資するとのこと。

本には経営者に必要なスキルなど、投資する基準なども書かれてました。

 

しかし、自分がそこまでのリサーチ出来るかと言うとまず無理。

無数にある企業についてそんなに調べれない。ってか多分1つもできない。

とにかく、投資する前に企業の潜在能力や経営理念など熟考する必要があるということ。

 

さらにバフェットの投資理念は、

自分が苦手な分野には一切関わらないようにするほど、自分ルールが明確化している。

ITバブルの時でさえ、自分が苦手なIT企業には投資しなかったそうです。

 

僕はというと、損切りと、利確のラインも守れない(涙)

ホントに情けない。全然知らない企業でもツイッターの情報とかですぐ買っちゃう。

やばっ。そりゃ負け越すわ。。。

 

決めたことを守るというのは本当に大事だと思いました。

信念があってカッコいいしね!

決めたことを破って失敗した時の後悔ほど大きな物はないです。

まぁ、これが出来れば多分ダイエットできない人はいなくなるわけですが、

できないとおデブちゃんになるのと同じで、

投資で守れないと資産が溶けるのですね。

毎日走るとか、お菓子食べないとか、決めたことが守れず結局ブタのまま。

ずっと変わらない自分はそこから治さなければ。

 

バフェットの本から学ぶ投資術

 

バフェットは本の中で投資は早く始めれば早いほどいいと言っています。

雪だるまのように、徐々に増えていくものだと。

さらに年々雪のくっつく量が増えていくのだと。

 

自分は30から始めました。20代から始めれば良かった。。。

ですが、今の年齢から始めれたことを幸運に思うようにしようと思います。

あと10年遅くなくてよかった。

 

そして、一攫千金を狙うのではなく、

徐々に雪だるまを大きくしていけるようにボチボチ行けたらと思います!

そして日々の上げ下げに一喜一憂しない。

買っている株は間違いないはず!しっかり待つのだ!!

チャンスが来るその日まで!長期目線も大切!

 

とにかく、ウォーレン・バフェットって偉人のことが分かって良かった!

ちょっと賢くなったぞ!